<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さようなら、夏休み

思いっきり高くジャンプして

a0125561_15255716.jpg





飛びこんで

a0125561_1526823.jpg













また飛んで…
a0125561_1526168.jpg

父島の二見港、青灯台で。
飽きもせず、何度も飛び込みをして遊びました。
真っ黒に日焼けして、地元の子と間違われたね。

a0125561_1533235.jpg

長かった夏休みも、もう終わり。
子ども時代の夏の思い出は、一生の宝ものだよ。
さあ、9月から学校、頑張ろう。

さようなら、麦わら帽子の夏休み…。

a0125561_15374255.jpg

by mother-tree | 2011-08-28 15:40 | 今日も海は・・・

生まれ変わったら

ただ今、夏季休業中です。
9月6日(火)から営業再開しますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、また残暑お見舞いの続きを…

a0125561_14422487.jpg

イルカはとっても好奇心旺盛。
私たちの顔を見るために、驚くほど近くまで寄ってきます。
目と目が合うのは、ほんの一瞬。
すぐにもぐっていってしまいます。
追いつけない…

a0125561_1451222.jpg

小笠原は、アオウミガメの日本最大の繁殖地。
スノーケルをしているとき、私の目はいつも、アオウミガメを探しています。
めったに会えないのですが、母島でやっと見つけました。
ちょっぴり勇気を出して、誰も泳いでいない深場へ。
珊瑚礁の周りを、気持ちよさそうにぐるぐると回っていました。

a0125561_14423752.jpg

船で外洋へ出かけたときに見かけた、たたみ二畳分もの大きなマンタ。
悠然と泳ぐ姿は、とても優雅でした。
生まれ変わったらマンタになって、
広い海をどこまでも泳いでいきたいな。
by mother-tree | 2011-08-27 15:00 | 今日も海は・・・

ボニンブルー

a0125561_1340403.jpg

ただいま夏季休業中です(9/6火より営業いたします)。
残暑お見舞いの続きを…

父島、初寝浦展望台から見渡した、小笠原の海。
この、どこまでも深い紺碧の海の色、
“ ボニンブルー ” と呼ばれます。

「ボニン」は、ずっと昔、
日本人がこの島を「無人島(ブニンジマ)」と呼んでいたのを知ったヨーロッパ人が、
「Bonin Islands」 と呼ぶようになったことが、由来とか。
ブニンが訛って、ボニン になったのですね。
この島独特の海の青さ、それがボニンブルー。

a0125561_13543850.jpg

アウトリガーカヌーに乗って、気ままな1日。
島で親しくなった「ちょうさん」というおじいさん、
このアウトリガーを3年もかけて、一人で作ったそうです。
海と一体になれるような、素敵な乗り物。

潜りと釣りが得意な小6の長男のことをとても気に入って、
「来年は一人で来いよ。 俺がぜんぶ面倒見てやっからな!」
by mother-tree | 2011-08-22 14:10 | 今日も海は・・・

残暑お見舞い

朝から聞こえるせみの鳴き声、照りつける真夏の太陽。
暑い日が続きますね。

東京から1000キロ南へ、
長い船旅をへて、小笠原諸島へ行ってきました。
2年ぶりの島は、以前訪れたときと何も変わらず、
どこまでも蒼い海、広い空と水平線、
人間よりも、生き物の気配の濃い、静かな島でした。

海へ潜ると、
サメ、アオウミガメ、熱帯魚、マンタ、イルカ、
たくさんの生き物たちが、「お帰り」と迎えてくれました。

毎日少しずつ、写真を紹介しますので、
よろしければご覧になって、ほんの少し、涼んでいってくださいね。

a0125561_10162892.jpg

鮮やかな模様が美しいユウゼン。

a0125561_10172022.jpg

今年の海は水が冷たく、そのためでしょうか、珊瑚も見事でした。

a0125561_1019555.jpg

瑠璃色のブダイを見ると、竜宮城へきたような気分になります。

a0125561_10234680.jpg

カワハギでしょうか。
こんな大きな顔の魚がいっぱいいます。

a0125561_1024464.jpg

変なカップルも。
上の黄色い魚は、ヘラヤガラ。 
体の色を自由に変えられるので、ある時は茶色かったり、青っぽかったりもします。
別の魚にくっついているのは、餌を横取りするため?

a0125561_10252299.jpg

今年もサメに会えました。
サメに出会うと、小笠原に来たなあ、と実感します。
ネムリブカといって、とても大人しく、きれいなサメ。
最初は怖いと感じたこともありますが、
今では可愛いと思うようになりました。
珊瑚礁の浅瀬を、ゆったりと泳いできて、私の横をすりぬけていきました。

a0125561_10261214.jpg

無人島の南島へ。
a0125561_10264451.jpg

やっぱりいました。
岩陰にサメ。  2メートル近くありましたね。

a0125561_10275352.jpg

父島の小さな浜を岩づたいに泳いで、洞窟を抜けると…
偶然、サメの巣穴を見つけました。

a0125561_10281123.jpg

大きな岩穴に、ひっそりと眠るネムリブカ。
巣穴の周りは、小魚がたくさん群れていて、
不思議な光景です。
お昼寝の邪魔をしないように、そっと離れました。

世界遺産になって、注目を浴びている小笠原。
空港がなく、不便な船旅でしか行けない島なので、
沖縄の島々のように、大規模なリゾート開発が進みませんでした。
ワイルドな自然と、
観光地化されず、島民の生活が息づく素朴な雰囲気が、
この島の魅力でしたが、
さて、この先、どうなってしまうのでしょうか。
どの浜辺へ行っても、誰にも会わないような、
人の気配よりも、生き物の気配が色濃いこの島の風景が、
いつまでも変わらないことを、心から祈っています。

続きは、また後ほど…。
by mother-tree | 2011-08-11 11:03 | 今日も海は・・・