カテゴリ:カンパーニュの美味しい食べ方( 8 )

森のたきぎパン

a0125561_1311630.jpg

フランスの田舎パン、カンパーニュのお店だから、
お洒落なパリジェンヌが食べるようなフランスパンやバケットがありません。
そこで登場したのが、“ 森のたきぎパン ”(¥290)。
こんがりしていて、たき火にくべたらよく燃えそうな、本物のたきぎみたいでしょう?

a0125561_13281912.jpg

mimi さんの “ 原木フランス ” が美しい白樺の木だとしたら、
私のたきぎパンは、くぬぎの木かな。
生地に全粒粉を使っているので、
パクッとかじると全粒粉の香ばしさが口いっぱいに広がります。

大きな生地をまるごと焼いたカンパーニュも美味しいけれど、
生地を細長くして、くるくるっとねじって焼き上げたパンも、とっても美味しい!
一口サイズでおやつにも気軽に食べられるし、ワインのおつまみにもぴったりです。
先日、たきぎパンを買ってパン喫茶へイートインされた女性の方が、
カットもせずに、たきぎパンをもりもりとかじって、
とうとう一本まるごと食べてしまいました。
「美味しい~! もう1本ないの?」と嬉しいお言葉をいただいたのですが、
すでに売り切れ。
申し訳ありませんでした。

このお客さまのように、焼きたてをそのままいただくのは格別の美味しさですが、
一番お勧めの食べ方は、なんといってもオリーブオイルと岩塩。

a0125561_1327575.jpg

岩塩は、イタリア・シチリア島で採掘されたもの。
地中海の燦燦とふり注ぐ、太陽の香りがします。

a0125561_133512100.jpg

エキストラバージンオリーブオイルは、
ギリシャのカラマタ産コロネイキ種という最高級のオリーブから作られたもの。
地中海の風を受けるギリシャの海岸地方で栽培されており、
ハーブのような、爽やかな香りがする不思議なオリーブオイルです。
もったいなくて、火を通すお料理には使えません。
パンにつけて食べたり、仕上げにサラダに振りかけたり。
mother tree のフォカッチャを焼き上げた後、
仕上げにうすく塗ったり。
大切に、大切に使っています。

a0125561_13345290.jpg

森のたきぎパンをうすくカットし、こんがりトーストさせてから、
オリーブオイルにひたし、岩塩をちょっぴりつけて。
たまりません! 
いけないと思いつつ、何枚でも食べてしまいます。

パン喫茶で、カンパーニュや森のたきぎパンをイートインされるときは、
ぜひ、シチリア産岩塩 & ギリシャ産“海のオリーブオイル”(¥200)
ご注文くださいませ☆

パンも塩も油も、素材がいいものは、シンプルに食べるのが一番。
これ、すべての食べ物に言えることかもしれませんね。

いつだったか、全粒粉のカンパーニュがお好きな男性のお客さまが、
「ずっと昔、イタリアのトスカーナ地方で食べた、塩の味のするパンに似てる」
と言ってほめてくれました。
地中海沿岸の国々の小さな田舎町で、素朴な田舎パンを焼く、名もないパン屋さん。
おじいさんが一人でやっているようなパン屋が焼く、地味でシンプルなパンが、
実は本当に美味しいパンだったりします。
いつか、その辺りをぶらりと旅しながら、小さな名もないパン屋さん巡りをするのが、
私の夢です。
by mother-tree | 2011-03-09 13:52 | カンパーニュの美味しい食べ方

お花見弁当

やっと桜が咲きましたね。
先週末はあまりの寒さにお花見どころではありませんでしたが…
やっと晴れました~
どうかお花見日和が続きますように。

近所の公園にサンドイッチを持ってでかけるのもいいですね。
子どもが小さい頃はよく、おにぎりやサンドイッチを持って一日中公園にいました。
うちの二人のチビは、家ではぐずって大変だったんです。
北風が冷たい2月でも、誰もいない公園へよく出かけました。
あの頃は若くて(?)日よけ対策もせず。
おかげですっかりそばかすだらけ。

春を見つけるには、幕張台公園、屋敷近隣公園、ほたる野なんかいいですね。
六中と屋敷小の周りの桜も、見事です。
さて、お花見にちょっとしたお弁当、というときに。

a0125561_15552848.jpg

定番の「レーズンカンパーニュ」をカットし、
ポテトサラダとレタスをはさんでみました。
子どもたちに大好評♪

我が家では、雑穀フルーツのブールで卵サンドをよく作ります。
プレーンなパンじゃなくても、意外な取り合わせが絶妙な味を生みます。
皆さんも、お勧めサンドイッチレシピ、ぜひ教えてください。
by mother-tree | 2010-04-06 16:02 | カンパーニュの美味しい食べ方

ロシア帰りのお友だち

昨日は、台風を思わせる暴風、大雨の中、
ご来店ありがとうございました。
雨に濡れながら自転車で来てくれた、予約のお客さま。
雨上がりに犬の散歩がてらのぞいてくれたご近所さん。
「今日はパンがまだあるわね!」と、お友だちを連れて二度も訪ねてくれた方。
雑誌でお店を知り、探しながら来てくれた方々。

雨の日は、お客さまの数としては少なめですが、
必ず素敵な出会いがあるから不思議です。
お客さまが少ないと、一人一人と、ゆっくり言葉を交わせるのも楽しみです。


     *        *        *        *        *         


雨上がりの午後、
自宅で素敵なお料理教室を開いているロシア帰りの友人が、
親子でmother tree を訪ねてきてくれました。
子どもたちが2階で鉄砲ごっこで大暴れしている間、
母たちは優雅に温かいコーヒーを淹れ、楽しいひと時を過ごしました。
これは、彼女のお土産。

a0125561_9532286.jpg

手作りのディップです。
ラッピングがとても可愛い!

今朝、さっそくカンパーニュにつけていただきました。
a0125561_9533230.jpg
a0125561_9534040.jpg

新鮮な素材の味が生きた濃厚なディップは、カンパーニュと相性抜群。
パセリ&パルメジャーノ味のグリーンペースト、
オリーブの実にレモンの酸味が効いた、爽やかなテンパナーダ。
どちらも最高の美味しさでした。
他におかずはいりません。パンが何枚でもお腹に入っていってしまう…


     *        *        *        *        *


彼女とは子どもの幼稚園で知り合いました。
子育てに追われながらも自分の時間を作り、やりたいことを成し遂げるその行動力、
周りの目を気にせず、信じたことをつらぬく誠実さ、
繊細な感性と、不思議なほどの直観力の鋭さ、
はっきりと思ったことを口にするいさぎよさ。

そんな彼女の人柄にとても魅かれます。
ともすると個性が埋没しがちなママ友の間では、
異質な存在に見られがちですが、
人とは違う生き方に、私は大いに共感を覚えます。私も同質だからかな?

日本人離れした彼女が、夫の海外赴任でロシアへ行ったのが3年前。
さまざまな国籍、文化を持つ多彩な友人たちと、
温かい心のこもった友情を育み、
一段と輝いて、日本に帰ってきました。
そして開いたのが、
お料理サロン「グルメ・ド・ソレイユ Gourmet de Soleil」。

世界各国の美味しい家庭料理、レシピはなんと200以上という経験を生かし、
新検見川のご自宅の素敵なキッチン、リビングを使ってお料理教室を開いています。

4月のお料理教室は、
mother tree のカンパーニュを使って、
カラフルDIP3種 (テンパナーダ・グリーン・レッド)
キャロット&ハニーのSOUP
スパゲティ ペペロンチーノ

という春のそよ風にぴったりなカフェ風ランチ。
ご興味のある方、ぜひ参加してみてくださいね♪
by mother-tree | 2010-04-03 10:44 | カンパーニュの美味しい食べ方

いろいろカンパーニュ

a0125561_8414328.jpg















a0125561_8421427.jpg
















今朝は久しぶりにカンパーニュ。
全粒粉、はるゆたかと胚芽、春よ恋のカンパーニュを食べ比べてみました♪

a0125561_925964.jpg

なんといっても、カンパーニュはサンドイッチがお勧めです☆
厚めにカットし、
まん中に切り目を入れ、あたためる程度に軽くトースト。
マヨネーズを薄くぬり、
野菜のマリネと根菜の素揚げを挟んで。
仕上げにクレイジーソルトをパラパラッと。

最高の朝ごはん!


      *      *      *      *      *      *


全粒粉のカンパーニュは、ほんのり茶色い生地、豊かな深い香り。
かみしめると、全粒粉のコクのある味が口いっぱいに広がります。
この香ばしさが、全粒粉の魅力。

春よ恋のカンパーニュの皮、まるでクッキーのようなカリカリ感! 
「皮がおいしい~!」と家族みんなが大絶賛。
内側の生地は、春よ恋独特の、まるで北海道の雪のような真っ白さ。
ふわふわ、もちもち。
子どもたちが大喜びでした。

はるゆたかと胚芽のカンパーニュは、
ナイフを入れやすく、きめの細かい食パンのような柔らかさ。
ほんのり胚芽の香りがアクセント。
ハムにもチーズにも、ツナにも卵にも、スープにもシチューにも、
どんな相棒にも合う飽きのこない美味しさです。

よくお客さまから、
「どのカンパーニュがお勧めかしら?」と
聞かれます。
どのカンパーニュもそれぞれの魅力があるので、甲乙つけがたく、
なかなか、一言でお勧めの言葉が出てこなくて…。

ぜひぜひ、いろいろなカンパーニュの味を楽しんでいただきけると嬉しいです。

小さなお子さんを連れてよくお店に来てくれるママさんは、
夕飯にビーフシチューを作る日は、カンパーニュを買いに来てくれます。
ビーフシチューとカンパーニュ。素敵なご馳走ですね~
それぞれのご家庭で、我が家はこんな食べ方をしてます!
そんな声をぜひ聞かせてください♪
by mother-tree | 2010-03-24 09:07 | カンパーニュの美味しい食べ方

大きなレーズンカンパーニュ

a0125561_1013891.jpg

mother tree 定番の、大きなレーズンカンパーニュ
北海道産のフランスパン用粉タイプERに、
ジューシーなカリフォルニアレーズンをたっぷり練りこみました。

低温で長時間、じっくり焼くので、しっとりふわふわ。
皮もそれほど焼きこんでいない、白いパンです。
油脂を一切入れていないので、素朴な粉の味わいが持ち味。

とっても水分の多いパンです。
しっとりパンがお好きな方は、そのままかじってみて下さい。
パリッとさせたい方は、トーストで水分を飛ばし、
表面にかる~く焦げ目をつけて、召し上がってくださいね。

a0125561_1015086.jpg

私の場合。
厚めにカットして、バターをたっぷり塗って食べるのが大好き!!
焼き上げた当日はそのまま食べ、
翌日以降はトーストします。

人肌に温める程度にトーストして食べたいときと、
じっくりトーストして水分を飛ばし、パリパリッとさせたいときと、
その日の気分によって、いろいろです。
by mother-tree | 2010-02-05 17:01 | カンパーニュの美味しい食べ方

美味しいハム

a0125561_9262288.jpg

土曜日の遅い朝食は、
はるゆたかと胚芽のカンパーニュに、生ハムをのせて。
キャベツのコールスローと、温かいコーヒー。
幸せを感じる瞬間です。

このハム、千葉市で唯一つ、本格自家製ハムを販売している「マイスター東金屋」さんの、オリジナル生ハム。
ドイツでハム・ソーセージの製法を学び、
お父さんの後を継いで30年という老舗のハム屋さん。
市販の生ハムは、しょっぱいだけの味だけれど、
ここのハムは、ほんのり燻製の香りがして、深い味わいがあります。
ドイツの大会で金賞を受賞したという肉粒入りソーセージも、先日、ホットドッグにしていただきましたが、最高!の味でした。
ほかに、パンに塗るタイプの「リエット」、
ワインやビールにも合う「フロマージュ」など、
カンパーニュにぴったりの美味しい食材がいっぱい!

とてもいいお店を見つけちゃいました♪
美味しいもの、いい材料にこだわり続けて30年。まさに「職人」ですね~
こういう職人さんは、大事にしていきたい。地域の財産ですね。
未熟な私も、見習っていきたいものです。


   *     *     *     *     *     *     *


ご予約されるお客様へ

いつも、たくさんのパンをご予約いただきまして、
本当にありがとうございます。
パンを楽しみにして下さるお客様が少しずつ増えて、
とても嬉しく思っています。

パンを買いに来てくださるお客様は、みんな笑顔。
その素敵な笑顔に、たくさんの元気をもらっています。
心を込めて作ったパンたちが、みなさんのご家族、お友達の笑顔に囲まれ、食べていただいている楽しい様子を思い浮かべながら、毎日、パンをこねています☆

ご予約について、お知らせがあります。
最近、予約が増えてきているため、お店に出すパンの量が減ってしまうことがあります。
早くから並んでいて下さる方、
遠くからお店を探して来て下さる方、
小さなお子様を連れて来て下さるママさんたち…
いろいろなお客様がお店に足を運んでくださいますが、
予約でパンが品薄になってしまい、
せっかく足を運んでくださったのに、買うことができない場合が生じています。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません(涙)。

もっと沢山パンを作れば…という声もいただくのですが、
天然酵母のパンは、発酵にとても時間がかかり、
イーストが1~2時間で発酵するところ、
天然酵母だと半日から丸1日かかります。
さらにmother treeでは、
粉の旨みを引き出すために、低温で長時間発酵させており、
発酵に24時間かけています。

スーパーのパンのように、工場で大量生産しているやり方では作れない、
体にも心にもやさしいパンを作りたい。
小さなお店にしか作れない、こだわりのパンを作りたい。
そんな思いで始めたお店なので、
作る量に限界があることを、どうかご理解いただければと思います。

パンを気に入ってくださり、わざわざ予約してくれるお客様を、
ずっと大切にしていきたいという気持ちと、
パンを楽しみにお店へ来てくれたお客様たちをがっかりさせないよう、たくさんのパンを店頭に並べたい、という気持ちがあり、最近、とても悩んでいました…
そこで、予約について、一定の制限を設けさせていただくことにいたしました。
一つの種類について予約できる個数は多くても半分までとし、
全体の量からみて1割を超えた時点で、
予約を締め切らせていただくことにいたしました。
詳しくは、ブログの「ご予約方法について」をご覧くださいませ。

わざわざメールや電話で予約いただきながら、
お断りする場合が生じてしまうこと、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
早めのご連絡ですと、確実にお受けできますので、
どうか宜しくお願いいたします。

ささやかなお店で、試行錯誤の連続ですが、
皆さんの励ましで、少しずつ成長していけたらと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。
                    
by mother-tree | 2009-12-05 10:20 | カンパーニュの美味しい食べ方

里山のチーズ

a0125561_15272421.jpg

アルプスの少女ハイジの、あのおじいちゃんが作っていたチーズに、
そっくりでしょう?

そうなんです。
これは、「ムチュリ」といい、
スイスのアルプスの山村で昔から受け継がれてきた、
牛飼い農家による手作りのナチュラルチーズ。

南房総の、五十川ジャージー牧場が、
アルプスの伝統的な方法に忠実に、
健康なジャージー牛のおいしい牛乳を使い、
自然の洞窟で静かに熟成させ、このムチュリを作っています。

1ホール注文して、やっと届いたホンモノのチーズ。
一切れ食べると、アルプスの香りが・・・もう気分はハイジです♪

ハイジとペーターが、山羊に草を食べさせるために、山へ出かけたときのお弁当、
覚えてらっしゃいますか?
素朴なパンと、かたまりのチーズ!
なんて美味しそうなんだろう、私も食べてみたい。
いつもそう思ってテレビを見ていました。

あれから何年?たつのでしょう。
あのチーズに、やっとめぐり会うことができました。
ワインにも合うし、カンパーニュに合わせたら最高のお味。
パンにチーズをのせ、トーストして溶かしちゃおうかな。
それとも、カンパーニュサンドにして、かぶりついちゃおうかな。

お客様にも、mother tree のパンとこのチーズ、
ぜひ一緒に味わっていただきたい!
by mother-tree | 2009-10-13 16:06 | カンパーニュの美味しい食べ方

カンパーニュサンド

a0125561_21284511.jpg

今日のランチは、お友達を招いて、カンパーニュサンドイッチ♪

今朝焼いたばかりの、はるゆたかと胚芽のカンパーニュを厚めにカット。
まん中に切れ目を入れて、マヨネーズと粒マスタードを塗り、
a0125561_1454575.jpg

パストラミハム、スライスチーズ、レタス、水菜、オニオンスライス、トマト、コールスローサラダをたっぷりとはさんで。
カンパーニュサンドのできあがり。
a0125561_14551615.jpg

アイスコーヒーと一緒に、いっただきま~す!

全粒粉のカンパーニュでも作ってみました。
ハード系のパンがお好みの方は、全粒粉がお勧めかも。
一般共通の好みとしては、はるゆたかのほうが、ふんわりしていて、食べやすいかもしれませんね。

このカンパーニュサンド、小学生の息子たちも大のお気に入り。
たっぷり野菜もとれるし、mother tree の一押しメニューですよ~
お店でも、出してみようかな。
by mother-tree | 2009-07-14 14:59 | カンパーニュの美味しい食べ方