カテゴリ:今日も海は・・・( 14 )

夏のなごり

残暑がぶり返してきました…
まだまだ夏は終わりません。

a0125561_12281562.jpg

南房総の磯でもぐったら、幸運にもドチザメの群れに出会いました。
岩礁の藻の周りに、10匹以上の群れ。
涼しげに、気持ちよさそうに泳いでいました。

a0125561_16121424.jpg

そして、必ずこの磯で見られる、イワシの群れ。
うす青く輝く、何百匹もの大群に、今年もぐるぐると囲まれました。
小笠原の海が野性的な海だとしたら、
房総半島のこの海は、豊かな海。
海草がなく、珊瑚礁が広がる南の海はどこまでも明るく、
本州の海は、生い茂る海草でほのかに暗く、
魚たちにとって、豊かな森となっています。

a0125561_16185173.jpg

南の海から暖流にのって回遊してくる、小さな瑠璃色スズメダイ。
冬を越せずに死んでしまう、哀しい魚たち。

a0125561_12373718.jpg

日が西に傾くまで、釣り三昧。
真夏の太陽も、あと少しでお別れ…。
夏は足早に通り過ぎて、
秋が一歩ずつ、近づいてきます。
by mother-tree | 2011-09-11 12:39 | 今日も海は・・・

さようなら、夏休み

思いっきり高くジャンプして

a0125561_15255716.jpg





飛びこんで

a0125561_1526823.jpg













また飛んで…
a0125561_1526168.jpg

父島の二見港、青灯台で。
飽きもせず、何度も飛び込みをして遊びました。
真っ黒に日焼けして、地元の子と間違われたね。

a0125561_1533235.jpg

長かった夏休みも、もう終わり。
子ども時代の夏の思い出は、一生の宝ものだよ。
さあ、9月から学校、頑張ろう。

さようなら、麦わら帽子の夏休み…。

a0125561_15374255.jpg

by mother-tree | 2011-08-28 15:40 | 今日も海は・・・

生まれ変わったら

ただ今、夏季休業中です。
9月6日(火)から営業再開しますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、また残暑お見舞いの続きを…

a0125561_14422487.jpg

イルカはとっても好奇心旺盛。
私たちの顔を見るために、驚くほど近くまで寄ってきます。
目と目が合うのは、ほんの一瞬。
すぐにもぐっていってしまいます。
追いつけない…

a0125561_1451222.jpg

小笠原は、アオウミガメの日本最大の繁殖地。
スノーケルをしているとき、私の目はいつも、アオウミガメを探しています。
めったに会えないのですが、母島でやっと見つけました。
ちょっぴり勇気を出して、誰も泳いでいない深場へ。
珊瑚礁の周りを、気持ちよさそうにぐるぐると回っていました。

a0125561_14423752.jpg

船で外洋へ出かけたときに見かけた、たたみ二畳分もの大きなマンタ。
悠然と泳ぐ姿は、とても優雅でした。
生まれ変わったらマンタになって、
広い海をどこまでも泳いでいきたいな。
by mother-tree | 2011-08-27 15:00 | 今日も海は・・・

ボニンブルー

a0125561_1340403.jpg

ただいま夏季休業中です(9/6火より営業いたします)。
残暑お見舞いの続きを…

父島、初寝浦展望台から見渡した、小笠原の海。
この、どこまでも深い紺碧の海の色、
“ ボニンブルー ” と呼ばれます。

「ボニン」は、ずっと昔、
日本人がこの島を「無人島(ブニンジマ)」と呼んでいたのを知ったヨーロッパ人が、
「Bonin Islands」 と呼ぶようになったことが、由来とか。
ブニンが訛って、ボニン になったのですね。
この島独特の海の青さ、それがボニンブルー。

a0125561_13543850.jpg

アウトリガーカヌーに乗って、気ままな1日。
島で親しくなった「ちょうさん」というおじいさん、
このアウトリガーを3年もかけて、一人で作ったそうです。
海と一体になれるような、素敵な乗り物。

潜りと釣りが得意な小6の長男のことをとても気に入って、
「来年は一人で来いよ。 俺がぜんぶ面倒見てやっからな!」
by mother-tree | 2011-08-22 14:10 | 今日も海は・・・

残暑お見舞い

朝から聞こえるせみの鳴き声、照りつける真夏の太陽。
暑い日が続きますね。

東京から1000キロ南へ、
長い船旅をへて、小笠原諸島へ行ってきました。
2年ぶりの島は、以前訪れたときと何も変わらず、
どこまでも蒼い海、広い空と水平線、
人間よりも、生き物の気配の濃い、静かな島でした。

海へ潜ると、
サメ、アオウミガメ、熱帯魚、マンタ、イルカ、
たくさんの生き物たちが、「お帰り」と迎えてくれました。

毎日少しずつ、写真を紹介しますので、
よろしければご覧になって、ほんの少し、涼んでいってくださいね。

a0125561_10162892.jpg

鮮やかな模様が美しいユウゼン。

a0125561_10172022.jpg

今年の海は水が冷たく、そのためでしょうか、珊瑚も見事でした。

a0125561_1019555.jpg

瑠璃色のブダイを見ると、竜宮城へきたような気分になります。

a0125561_10234680.jpg

カワハギでしょうか。
こんな大きな顔の魚がいっぱいいます。

a0125561_1024464.jpg

変なカップルも。
上の黄色い魚は、ヘラヤガラ。 
体の色を自由に変えられるので、ある時は茶色かったり、青っぽかったりもします。
別の魚にくっついているのは、餌を横取りするため?

a0125561_10252299.jpg

今年もサメに会えました。
サメに出会うと、小笠原に来たなあ、と実感します。
ネムリブカといって、とても大人しく、きれいなサメ。
最初は怖いと感じたこともありますが、
今では可愛いと思うようになりました。
珊瑚礁の浅瀬を、ゆったりと泳いできて、私の横をすりぬけていきました。

a0125561_10261214.jpg

無人島の南島へ。
a0125561_10264451.jpg

やっぱりいました。
岩陰にサメ。  2メートル近くありましたね。

a0125561_10275352.jpg

父島の小さな浜を岩づたいに泳いで、洞窟を抜けると…
偶然、サメの巣穴を見つけました。

a0125561_10281123.jpg

大きな岩穴に、ひっそりと眠るネムリブカ。
巣穴の周りは、小魚がたくさん群れていて、
不思議な光景です。
お昼寝の邪魔をしないように、そっと離れました。

世界遺産になって、注目を浴びている小笠原。
空港がなく、不便な船旅でしか行けない島なので、
沖縄の島々のように、大規模なリゾート開発が進みませんでした。
ワイルドな自然と、
観光地化されず、島民の生活が息づく素朴な雰囲気が、
この島の魅力でしたが、
さて、この先、どうなってしまうのでしょうか。
どの浜辺へ行っても、誰にも会わないような、
人の気配よりも、生き物の気配が色濃いこの島の風景が、
いつまでも変わらないことを、心から祈っています。

続きは、また後ほど…。
by mother-tree | 2011-08-11 11:03 | 今日も海は・・・

やさしい海

a0125561_152587.jpg


「こんなに哀しい海はない」。
この絵の海を見て、そう思いました。一年前のことです。
病気で亡くなった父が、私のために遺してくれた絵。

海が大好きで、釣り三昧だった父。
子どもの頃から、休みの日にいつも家族で出かけるのは、海でした。
私の二人の息子を、海水浴や釣りによく連れていってくれました。
定年後も元気に過ごしていた父が、病と分かり、
だんだんと弱っていき、ちょうど一年前、天国へ旅立っていきました。
亡くなる少し前から、風景画を描くようになり、
海好きな私のために、
三浦半島・葉山から相模湾を眺める、父のとっておきの海を、
一生懸命、描いてくれました。
裕次郎灯台が浮かぶ海、浅瀬の岩場、瑠璃色に広がる空…。

「こんなにおだやかで、やさしい海はない」
父が亡くなって一年がたち、
この絵の海を、こんな風に思えるようになりました。
父のことを想うと、まだ心の痛みが半分ありますが、
残りの半分は、なつかしい、忘れられないやさしい思い出となりました。

この絵は、いつもパン作りをしている mother tree の厨房に飾ってあります。
ときに私をしかったり、励ましてくれたり、元気づけてくれます。
三浦半島の海は、今日も、包みこむような穏やかさでしょうか。
by mother-tree | 2011-07-23 15:04 | 今日も海は・・・

残暑お見舞い

お盆の頃は暑さも一息だったのに、
また猛暑がやってきてしまいました。
みなさん、いかがお過ごしですか。

恒例の“海ギャラリー”
よろしければのぞいて、ちょっぴり涼んでいってくださいね。
a0125561_12105048.jpg

南房総、内房の海。
小魚が群れをなしていました。
1年ぶりの、懐かしい海の中。

a0125561_1211680.jpg

イワシの子どもがいっぱい。
あっという間に囲まれてしまいます。

a0125561_12112052.jpg

念願の水中デジカメを手に入れ、
今年もたくさん潜ってきました。

陸は暑いけれど、海水は思いのほか冷たく、
ひんやりとした潮がきています。
去年はあんなにたくさんいたクラゲが一匹も見当たらず、
南の海から海流にのってやってくる瑠璃色スズメダイも、今年はわずか。

a0125561_12113115.jpg

水底の石の上に、アオリイカが…
こちらをじっと見上げています。
ここは、知る人ぞ知るイカ釣りの名所。
秋になると、大きなイカがルアーに食いついてきます。

a0125561_12114487.jpg

分かりますか? 
海草に隠れているタコが…
浅い場所で、獲物を狙って海草に身を隠すタコ、よく見かけます。

a0125561_12261377.jpg

こちらは、外房の海。
内房より碧く、深い海の色ですね。 
紺碧、そんな色。

a0125561_12282276.jpg

磯では釣りをしたり、潜ったり。
ルアーで釣れたカマス、ムツ。
ナイフでさばいて海水で洗い、干物にします。
a0125561_12262497.jpg

とんびが空から狙ってました。 あぶないあぶない… 

a0125561_12264097.jpg

七輪でゆっくり焼いて。
美味しそう!

a0125561_12264876.jpg

砂浜のテントから海の空を眺めて。

この夏はいろいろあって、
あまり海へ行けませんが…
いっぱい元気をもらってきました。ありがとう。
by mother-tree | 2010-08-19 12:51 | 今日も海は・・・

夏色の海

季節はすっかり初夏。
お天気に恵まれたゴールデンウィークでした☆
みなさん、連休中はゆっくり過ごせましたか。

a0125561_17105178.jpg

我が家はちょっぴり遠出して、紀伊半島へ。
海の色が、房総半島よりも淡く、水色に近いやさしい色でした。
夏を想わせるような海の色。
ここは二見ヶ浦。
関東より一足早く、夏の気配がします。

a0125561_1710596.jpg

静かな浜辺の松林に、
大正時代を想わせるレトロな旅館が並んでいて。
あまり人もいない静かな雰囲気が、すっかり気に入ってしまいました。

a0125561_1711513.jpg

“お休み処”と札をさげたお茶屋さん。
どなたでも、ゆっくり休んでいってくださいな。
疲れた旅人への、温かい心配りが伝わってくる小さなお店です。
塩アイスクリームがとても美味しかった!
mother tree にも、こんな風に温もりのあるカフェを開くのが夢です。

a0125561_1724510.jpg

カンパーニュやベーグルも、旅のおともに。
バーナーでトーストし、香ばしく。
a0125561_1724187.jpg

本州最南端、潮岬。
真っ白い灯台が、碧い海と、ぬけるような5月の青空に映えて、
またひとつ、忘れられない思い出ができました。

a0125561_17242628.jpg

by mother-tree | 2010-05-05 17:51 | 今日も海は・・・

内房の海

a0125561_2118634.jpg

小春日和の土曜日、
内房の、お気に入りの海へ行ってきました。
夏にもぐったとき淡い水色をしていた海は、
初冬を迎え、濃い藍色に変わっていました。

8月にシュノーケリングをしたとき、瑠璃色スズメダイが群れをなしていました。
温暖化の影響か、南房総でも夏にはたくさん見かけます。
南の海からやってきて、冬になって水がつめたくなると越冬できずに死んでしまう。
死滅回遊魚というそうです。
今日も、ほんの少しですが、まだ頑張って泳いでいました。


子どもたちは磯釣りをして、
私はぼけ~っと海を見て、日向ぼっこ。
お湯をわかしてコーヒーを飲んだり。
丸食パンを持っていって、ハムとチーズ、トマトをはさんで
サンドイッチにしたり。

a0125561_21231645.jpg

小さなメバルが釣れました。


a0125561_21241926.jpg

水平線に、夕陽が沈みます。

a0125561_21245660.jpg

太陽が沈んだ後、暮れていく空の色。
遠くに見える漁火。
真っ赤な空が、だんだんと紫色に変わっていく、この色。
この瞬間にしか、見ることのできない不思議な空です。
by mother-tree | 2009-11-21 21:41 | 今日も海は・・・

夏のなごり

a0125561_12202317.jpg

朝晩、涼しくなってきましたね・・・
横浜港の空もすっかり秋の気配です。
日暮れ前、小さな渡し舟に乗り、旧赤灯台と呼ばれる沖堤へ。
向こうに見えるのは、ベイブリッジ。
港の夜景を眺めながら、おじいちゃんと夜釣りです。
a0125561_12223141.jpg

う~ん。うまく撮れませんでしたね。本物の夜景はもっときれいでした。

今日の狙いは、大物のシーバス(スズキ)。
残念ながら、あたりも全くなしのぼうず。
風が強く、潮周りも今ひとつ。そのうち雨が降ってきて・・・
帰りは野毛のラーメン屋さんで冷えた体を温めました。
でも、いい思い出ができたね。
おじいちゃん、ありがとう。
by mother-tree | 2009-08-30 12:27 | 今日も海は・・・