ありがとうございました

冬の到来を思わせる寒さの中、
ウォルドルフ人形展にいらして下さった方々、
本当にありがとうございます。
お楽しみいただけましたでしょうか。

朝から大雨を覚悟していましたが、
不思議に雨は一滴も降らず、
外のウッドデッキでのcafeコーナーも心温まる楽しい空間となりました。
混雑することなく、ゆったり過ごしていただくことができ、
私たちもお客様と会話を楽しむことができ、嬉しく思います。

無農薬のれんこんをいっぱい使ったMichaelさんのスープ、
美味しかったですね~
れんこんボールが、口の中でとろりと溶けて、おもちのような感覚。
冷えた体が芯から温まり、ぽっかぽかになりました。
Michaelさんのオリジナルスープです。
マクロビオティックや薬膳、雑穀料理などを学んでいる彼女、
その多彩な分野をうまくまとめあげ、
自分だけの味を出してしまう不思議な才能を持っています。
さて、次はどんなスープが出てくるでしょうか。楽しみですね。

付け合せのパンは、
アルプスの少女ハイジのおじいちゃんのチーズ(ムチュリ)を、
全粒粉カンパーニュにのせ、トースターでとろとろに溶かしてお出ししました。
そして、レーズンカンパーニュの厚めのカット、くるみいちじくも添えて、
カンパーニュ3種盛り合わせ。
これで500円。実は大サービスのお値段でした。
カンパーニュとスープの美味しさ、堪能していただけましたでしょうか。

販売用のパンはあっという間に完売、ありがとうございました☆
わざわざいらして下さったのに、カンパーニュを買うことができなかった方々、
本当に申し訳ありませんでした。
またお店のほうで、お買い求めいただければ幸いです。

a0125561_17242326.jpg

tulipさんの紅茶も、大人気。
これは、ずっと飲みたかったオルゾチャイ。
華やかな香りのクリスマスティーもいただくことができました。



   *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *


a0125561_1743927.jpg

ウォルドルフ人形は、シュタイナー教育で使われる独特のお人形です。
お顔は、子どもたちの想像力が働くように、あえてぼんやりと、抽象的に作られていて、
笑っているように見えたり、泣いたり、怒ったり、眠そうだったり、
そのときの子どもたちの想像のままに、豊かな表情を見せてくれます。
抱っこすると、心地よい重みがあり、本当に生きているような存在感があるから不思議。

a0125561_1753177.jpg

スウェーデンの絵本「もりのこびとたち」(エルサ・ベスコフ作)に登場するこびとたち。
あんまり可愛く作られているので、思わず、買ってしまいました。

森に生きる小人たちの生活を、生き生きと描いたこの絵本。
小人の子どもたちと森の動物たちとのかかわり、四季の移り変わり、
ときには厳しい自然と向き合いながら暮らす、小人の一家のささやかな生活。
この絵本が大好きで、繰り返し子どもたちに読んできかせてあげました。
このお人形に出会えて、とっても嬉しいです。
お店のパンかごの横に、ちょこんと座っていますので、ぜひ会いに来てくださいね。

羊毛や自然素材を使って、お母さんたちが手仕事で作り上げたお人形たちは、
本物の生命を吹き込まれたように、生き生きとしています。

a0125561_2245024.jpg

moccoさんのドールハウスでくつろぐsummerちゃん、silverくん姉弟…
お母さんが作ったお人形。とってもよく似ているね。

  
by mother-tree | 2009-11-14 08:25 | イベントのお知らせ
<< 11/17(火)のパンたち ウォルドルフ人形展 >>