ありがとうございました☆

この冬一番と思うほどの厳しい寒さの中、
昨日はたくさんのお客様にご来店いただきました。
ありがとうございました。

今年の冬は、ことのほか寒いと思いませんか?
朝晩、体の芯まで冷え切ってしまいます。
そんなときこそ、北の国のお料理を…
最後のsoup kitchen は、極寒の大地、ロシアの代表的な郷土料理でした。
a0125561_14341618.jpg

生のビーツから作る本場のボルシチ、
ロシア人がお祝いの席に必ず用意する、ニシンのサラダ。
どちらもビーツの鮮やかな色が見事でしたね。
シェフ、ゆうかさんが、時間と手間をじっくりかけ、
真心をこめてお作りしたお料理で、
心も体もほどよく温まっていただけたでしょうか?

mother tree のパンを使って、世界各国のパン食文化を紹介する、
ゆうかのsoup kitchen。
気がつけば、あっという間の一年二ヶ月でした。
毎回メニューが変わり、ロシア、イギリス、アイルランド、フランス、アジア、沖縄…
世界中を旅しているような気分になれる、不思議な時間を過ごさせていただきました。
ゆうかさんのお料理は、今もてはやされている効率優先の簡単手抜き料理とは正反対の、
旬の素材を厳選し、たっぷり時間をかけた、手間ひま料理。
のんびりゆったり作る私のパンと、相性ぴったり!でした。
お客様たちも、その魅力をわかってくださる方が多く、
soup kitchen は、リピーターのお客様も多くいつも満席、
キャンセル待ちをいただくほどの大人気ぶりでした。
soup kitchen とともに過ごした季節、年月は、
私にとってかけがえのない宝物です。
ゆうかさん、本当にありがとう。
a0125561_14343875.jpg

食後のsweetsは、Ayaちゃんのガレットデロワ。
濃厚なアーモンドクリームと、パリっとしたパイ生地との絶妙なハーモニーが、
たまらない美味しさです。
ガレットデロワは、31日の紅茶館でも登場します。お楽しみに♪
by mother-tree | 2012-01-28 14:51 | ゆうかの soup kitchen
<< 1/31(火)の紅茶館 & パ... 1/27(金)のパン喫茶 & ... >>